国内線の天草エアラインは退屈しないためのしかけがあるレトロな航空会社

乗らないと分からない感覚

天草エアラインと天草四郎 / SNS映えしそうな機体 / 飽きさせない工夫がたくさん / 乗らないと分からない感覚

いざ離陸して飛んでみると、ジェット機と比べてふわりとした感覚で何とも不思議な感覚です。
プロペラが回るリズムにあわせて何かしゃべるとよくテレビで見かける、実際の音声と変えて放送していますのような声になり、それが面白く思わず用もないのにしゃべってしまいます。
機内には搭乗を楽しくするためのアイディア募集というのがあり、この事を思わず書いてみました。
それからソーシャルネットワークにもこのイルカ飛行機は活用できそうな機体なのでその事も書いておきました。
大阪からのフライトだったので短い時間でしたが、その時間すら退屈にさせないための仕組みがされている飛行機だなと感じました。
次回は是非天草まで足を運んでみたいと思います。

天草エアラインがいるのもポイント高いですね。

— K.Fujiwara_nameko (@mataariR25) 2018年10月13日